おしりニキビの原因は?治し方を教えて!~おしりニキビ.コム

おしりニキビの原因~治し方まで詳しくまとめました。おしりニキビ関連の商品も掲載中です!

おしりニキビはエタノールで消えるって本当?

最近、ネットでの噂を中心に、特に若い世代に受け入れられているのが「エタノールでおしりニキビが消える」という説です。

エタノールというと、強力な消毒薬ですね。殺菌効果もあるので、その殺菌効果でニキビの元となる菌をやっつけてしまおうということです。

しかし、実はエタノールでおしりニキビを治療するというのはお勧めできることではありません。

効果がないというわけではありませんが、マイナス要素も見過ごせません。それもまとめて詳しく見ていきましょう。

●エタノールって何者?効能とは?

では、そもそもエタノールとは何でしょうか?

エタノールはエチルアルコールと呼ばれています。水や油に良く溶け、また揮発性があります。

一般に消毒用に用いられるエタノールは80%ほどの濃度に薄められたものです。市販されている消毒用はすでに薄められているものですね。

それでも、かなり強い消毒効果を持っています。

●エタノールでニキビが治る?

エタノールは上記の通り、殺菌作用があります。

おしりニキビの原因になるアクネ菌やマラセチア菌を殺菌することにより、理論的にいえばニキビを改善する効果があると言えます。

アクネ菌やマラセチア菌が原因でニキビの炎症が進んでいる場合は炎症を鎮める効果も期待できます。

実際に市販されているニキビ用の薬にも殺菌効果のある成分が配合されています。しかし、エタノールは殺菌消毒剤なので、一般のニキビ対策品と比べて、ニキビに効果があるとしても、ニキビ跡を薄くしていったり、おしりの黒ずみをきれいにする効果はありません。

●エタノールでニキビ治療が危険な理由とは?

エタノールは理論的に言えばおしりニキビにも効果があります。

しかし、それ以上にエタノールでニキビを治療することには危険が伴います。

•エタノールの消毒作用が強力すぎる!

まず、一つ目の理由としては、エタノールの消毒作用がとても強力であるということがあげられます。

エタノールは医療行為の際の消毒として使われますね。採血や注射の前にちょっと消毒などの場合です。

しかし、こと目の周りの消毒にエタノールは使用されません。美容整形で目を二重にする手術の時にはエタノールを使用しません。それは、エタノールの殺菌気宇かが強力で非常に目に沁みるからなんですね。

眼球の炎症を引き起こす危険性もあります。

同じように、おしりニキビがすでにできてしまっている比較的デリケートな部分にエタノールを使用することでかえって皮膚炎を引き起こすこともあります。

また、エタノールがニキビを引き起こす菌だけではなく、肌にもともといる必要な菌まで殺菌してしまう可能性もあります。

皮膚には常在菌と呼ばれる菌がいて、外部からの細菌やウイルスと戦ってくれています。

こうした菌が死滅すれば外部からの刺激で肌が常に不安定な状況になり、ニキビの悪化を招きます。

•エタノールが乾燥の原因に!

エタノール使用のもう一つの危険性は、エタノールの揮発性によりおしりの皮膚の水分が過剰に奪われてしまい、乾燥を引き起こしてしまうという点です。

おしりニキビの 大きな原因の一つは乾燥です。

ですから、エタノールを使用することで逆にニキビができやすい環境になってしまうことも考えられますね。

●おしりニキビとエタノールのまとめ

エタノールにはおしりニキビを改善するために必要な殺菌消毒成分があります。

しかし、エタノールでおしりニキビを治療するにはマイナスな要素が多すぎます。

エタノールがおしりニキビを引き起こす原因となる菌と一緒に、肌の常在菌を殺菌してしまうことで肌トラブルが起こる可能性があります。

更にエタノールを使用することで肌の乾燥がひどくなり、おしりニキビができやすい環境になってしまうことも考えられます。

こうしたリスクに目をつむってエタノールを使うことはあまり賢明ではありませんね。

おしりニキビを本当に改善したい方は、おしりニキビに真正面から向き合って作られた「ピーチローズ」などを使用することを検討してみてください。

ピーチローズはニキビ改善とともに、ニキビ跡にまで効果があります。

それとともに、肌に潤いを与えすべすべのおしりにしてくれる効果もあります。

 - おしりニキビ 市販薬