おしりニキビの原因は?治し方を教えて!~おしりニキビ.コム

おしりニキビの原因~治し方まで詳しくまとめました。おしりニキビ関連の商品も掲載中です!

性器周りにできたのはおしりニキビ?ヘルペス?見分け方は?

おしりの特に性器周りにできたできもの、痛みを伴う場合は特に本当にただのニキビなのかどうか不安になってしまいます。
性器ヘルペスの可能性もあるからです。

性器ヘルペスの場合、おしりニキビと同じように対応していては大変危険です。ですから、お尻や性器周りにできた湿疹はおしりニキビなのか、それとも性器ヘルペスの可能性があるのか見極める必要があります。

ここで今一度、性器ヘルペスとは何なのか、またおしりニキビとヘルペスの見分け方を知っておきましょう。

●性器ヘルペスについて

性器ヘルペスは一種のウイルス感染症皮膚炎で、ウイルスに感染することによって発症します。ただし、感染しても気付くような症状が出ない事がありますので注意が必要です。
抵抗力が強い時や、免疫力があるとき、またウイルスがそれほど増殖していないときなどです。

ですが安心してはいけません。ウイルスは死んだわけではなく、生きて下半身の神経節に潜伏し続けます。そして、何らかのきっかけで再活性化し、表立って見える症状を引き起こしたりするのです。

ですから、性器ヘルペスウイルスを持つ人とここ最近セックスをしていない、と自信をもって思えるときでも、すでに性器ヘルペスに感染していたものが現れ始めただけの可能性もあるので、選択肢から除外しないでほしいと思います。

●性器ヘルペスの特徴は?おしりニキビとの違いは何?

性器ヘルペスの特徴を見ておきましょう。性器ヘルペスは一番初めに感染してから現れるときの症状が一番重く、その後再発の時には徐々に症状は軽減化する特徴があります。

感染すると、まず性器付近(女性だと外陰や膣の入口あたり)に赤い発疹が出たり水ぶくれが散見されるようになります。初めはヒリヒリし、痛みや灼熱感、むず痒さなどを感じます。その後痛みが激しくなり、排尿困難になることもあります。

初期感染時の痛みは激しいのでおしりニキビと勘違いすることはほとんどないでしょう。しかし、再発時には症状がはじめほどひどくないことが多いので、おしりニキビとの区別がつきにくくなります。

おしりニキビはコメドと呼ばれる芯のようなものがあることが多いですね。性器ヘルペスの場合は水泡ができます。性器ヘルペスの場合鼠経リンパ節が腫れたり痛みを伴うことが多いです。これはおしりニキビにはない特徴です。

性器ヘルペスによる水泡ができるのは、何らかの性器ヘルペスの再発を起こすような思い当たる出来事がある場合が多いですね。風邪を引いた、ストレスが溜まっている、疲労感など、免疫力を低下させるような原因がある場合、性器ヘルペスが疑われます。

性器ヘルペスの再発の場合、できるだけ早く抗ウイルス薬を服用したり、患部に抗ウイルス軟膏を塗布することで症状を軽度に抑えられます。
アクシロビルやバラシクロビルの服用、ビダラビン軟膏の塗布が一般的です。

こうした処置は早ければ早いほど効果がありますので、おしりニキビなのか性器ヘルペスの再発なのかを早めに見極め、皮膚科に行く習慣を身に付けましょう。

●おしりニキビと性器ヘルペスのまとめ

性器ヘルペスの特に再発の場合、おしりニキビと思いこみ放置してしまうことがあります。しかし、性器ヘルペスは重症化してしまうと髄膜炎などを引き起こす可能性もありますから要注意が必要です。

性器ヘルペスは完治させることができないので、一旦かかってしまうと何度も再発を繰り返します。性器ヘルペスとおしりニキビを間違えないようにするためには、おしりニキビを作らないように毎日ケアをしていくことが大切かもしれません。

おしりニキビは普段の食生活や生活習慣をきちんとすることで予防できますが、ほかにもピーチローズなど、おしりケア専用の商品でおしりをケアするのも良いです。おしりはとてもデリケートな部分ですから、ピーチローズで毎日おしり肌コンディションを整えてあげましょう。

 - おしりニキビ 対策