おしりニキビの原因は?治し方を教えて!~おしりニキビ.コム

おしりニキビの原因~治し方まで詳しくまとめました。おしりニキビ関連の商品も掲載中です!

おしりニキビにワセリンは効かないって本当?

公開日:2016/10/25

ワセリンとは、肌の乾燥を防ぐためのクリームです。もちろんここ最近出現したものではありません。

ワセリンの歴史は古く、19世紀アメリカで使用され始めて以来、世界中で長く愛用されてきました。

なんといっても抜群の保湿力、というより乾燥を防ぐ力、バリア機能がすごいですからね。

そんなワセリンの力に目をとめ、おしりニキビ治療にワセリンを使用する方がいます。

しかし!それと同時におしりニキビにワセリンを使用することに警報を鳴らす人もいます。どっちが正しいの?ということで、ここではおしりニキビに対するワセリンの効果をまとめてみました。

●残念、おしりニキビにワセリンは効果なし!?

そもそもおしりニキビにワセリンが使われるのは、おしりニキビの主な原因が乾燥だからです。

そう、乾燥を防ぐという目的では確かにワセリンは効果的です。

ですから、おしりの肌が乾燥し、角質が溜まっていくのを防ぐという点でニキビ予防効果はあると言えます。

しかし、その効果をはるかにしのぐ危険性もあります。そもそもおしりは角質が厚くなっています。

そのため、角質内部に水分が浸透しにくく、乾燥が進んでいきます。

ですから、肌表面に膜を作るだけでは十分なケアにはなりません。

さらに、すでにニキビができている場合ワセリンを使用することは危険です。

ニキビの原因アクネ菌は空気に触れることが大嫌いです。そのアクネ菌の上にワセリンで膜を作ってしまうと、アクネ菌はどんどん増殖を続けます。

そしてさらにニキビを悪化させてしまうのです。

ワセリンに含まれる油分もアクネ菌の餌になることがあります。

アクネ菌はそもそも皮脂を餌にして活発になりますが、ワセリンで覆われた皮膚から出た皮脂、そしてワセリン自体の油分の両方で活発さは増していき、ニキビの炎症はどんどんひどくなります。

こうなるとニキビが治った後も跡が残ってしまいますね。

●ワセリンを使ったマッサージも効果なし!?

おしりニキビ治療のためにワセリンを使っておしりをマッサージする、という方法があります。

ワセリンの保湿力、クリーム状という性質を利用した方法ですね。

おしりをマッサージすることでおしりの血行をよくし、肌の新陳代謝を促していきます。

長時間座りスタイルが多い人など、おしりに老廃物が溜まりやすく血行も悪くなりニキビができてしまう人に効果があると思われています。

しかし、ワセリンの油分が毛穴に入り込み、毛穴の詰まりを引き起こす可能性もあります。

そうなると逆にニキビができやすい状態を誘発していることになるでしょう。

すでにニキビができている場合は、ニキビに過度な油分と刺激がくわえられるので、炎症がひどくなることは十分に考えられます。

「おしりをマッサージする」という発想はとてもいいのですが、ワセリンは不向きのようです。

「ピーチローズ」はおしりケアのための製品として注目されていますが、そういったおしりニキビ対策のために開発された製品は、十分な保湿力があり、また厚い角質層に浸透しやすいという特性があります。

そして、刺激を与えすぎずマッサージ効果を得られるようになっています。

ワセリンは確かにコストパフォーマンスもいいので、深く考えず選んでしまいがちですが、本気でおしりニキビを改善したい方は「ちょっと待って!これってどうなの?」と考えてほしいと思います。

●おしりニキビとワセリンのまとめ

ワセリンは肌を守る力がすごいです。外部刺激から肌を守るために肌にしっかりバリケードを張ってくれますね。そのため、肌が本来持つ力を取り戻し、健康な潤った肌になっていきます。

この時点で、乾燥が引き起こすおしりニキビを予防する効果は十分にあると言えます。

しかし、すでにニキビができている場合や、ニキビの原因となるアクネ菌が潜んでいる場合、また毛穴が十分に清潔にされていない場合など、多くの状況下でニキビを誘発したり、ニキビを悪化させる原因になってしまいます。

ですから、おしりニキビを治すために使用を考えていた場合は、一旦使用を控えましょう。

おしりニキビを癖づかせないために、跡を残さないために、おしりニキビ治療に特化した製品を選ぶ方がいいと思いませんか?

 - おしりニキビ クリーム