おしりニキビの原因は?治し方を教えて!~おしりニキビ.コム

おしりニキビの原因~治し方まで詳しくまとめました。おしりニキビ関連の商品も掲載中です!

おしりニキビと粉瘤(ふんりゅう)の違いや見分け方は?

「おしりニキビが痛くて椅子に座るのもつらい」
「おしりニキビに薬を塗っているのに全然よくならない」
などおしりニキビで悩んでいる方は少なくありません。でも気を付けてもらいたいことがあります。

実は、あなたが悩んでいるおしりニキビ、実はおしりニキビではない可能性があります。おしりニキビにとてもよく似ているけど、実は全然別物の「粉瘤」かもしれません。その場合、おしりニキビのケア法では改善されません。

ですから、おしりにできた「あなたを悩ませる物」が何なのかを知ることはとても大切です。では、おしりニキビと間違えやすい「粉瘤」が一体何者なのか、更におしりニキビと粉瘤を見分ける方法についても詳しく見ていきましょう。

●粉瘤ってなに?

粉瘤は腫瘍の1種です。そう聞くと一気に怖くなりますね。でも粉瘤は腫瘍とはいっても良性の腫瘍で、適切な治療を受ければ治りますからそれほど過敏になる必要はありません。

粉瘤とはそもそも何なのかと言うと、皮膚の内側に袋のようなものができて、その中に垢や老廃物が溜まって膨らんでしまったものです。一般にこの袋のような部分を嚢胞と呼びます。

粉瘤は基本、顔や首も含め体中にできるのですが、角質層が厚くなっているおしりにできやすいという性質を持っています。
嚢胞の中に溜まった垢や老廃物に雑菌がつくと化膿し痛みを引き起こします。臭いを発するときもあります。

粉瘤は、自己流ケアでは改善されません。皮膚科を受診し治療を受けることが必要です。一般に外科手術により嚢胞を取り出します。そうでなければ何度も再発を繰り返してしまうからです。

おしりにできた粉瘤は、座った時の圧や、摩擦による影響を受け破裂する可能性もあるので注意が必要です。

●おしりニキビと粉瘤を見分ける方法とは?

おしりニキビは自分でケアしていくことも可能です。しかし粉瘤は自己ケアではよくなりません。ですから両者を見分けることが大切です。

・粉瘤は黒い口が特徴
粉瘤の表面には開口部と呼ばれる袋の口があります。だいたい老廃物や垢が固まって口をふさいでいるので、黒い口があるように見えます。
おしりニキビの表面には黒い点が見られません。ですから黒い点状の口が見える場合は粉瘤と思っていいでしょう。

・粉瘤にはつまめるしこりが
粉瘤は自覚症状として、「皮膚の下に何かしこりのようなものがある」というところから始まります。おしりニキビの中でも、皮脂や膿が固まってしこりのようになるしこりニキビがありますが、このニキビと粉瘤は形が違います。
皮膚の下のしこりが指でつまめるようなら、粉瘤の可能性が高いです。

・粉瘤はどんどん大きくなる
粉瘤はニキビよりも大きくなるという特徴があります。おしりニキビも炎症を起こして腫れて痛くなることがありますが、粉瘤は嚢胞自体がどんどん大きくなっていくので、しこりがどんどん大きくなっていきます。
また、中の垢や老廃物のせいでにおいを発する場合もあります。
ニキビよりも大きくなって臭う場合は粉瘤を疑いましょう。

●おしりニキビと粉瘤、それぞれに合わせた対策を!

おしりニキビに似ていても粉瘤の場合病院での治療が必須です。また、通常のおしりケアなどで粉瘤を予防することもできません。
粉瘤が疑われる場合はできるだけ早く病院に行きましょう。

おしりニキビ跡に粉瘤ができてしまうこともあります。ピーチローズなどおしりケア専用の商品を使っておしりをケアすることで、おしりニキビを予防すると同時に、おしりニキビ跡を改善していくことができます。
おしりのニキビ跡を改善して、粉瘤ができるリスクを減らしていくことができますね。

●おしりニキビと粉瘤のまとめ

おしりニキビと粉瘤、一見似ていますが実は別物です。できる原因や治療法も違います。しかし、どちらも適切なケアをしないと重度化していきます。重度になってしまうと受けるダメージも大きくなります。

早いうちにおしりニキビか粉瘤かを見極め、適切なケアをできるようにしておいてください。

 - おしりニキビ 対策