おしりニキビの原因は?治し方を教えて!~おしりニキビ.コム

おしりニキビの原因~治し方まで詳しくまとめました。おしりニキビ関連の商品も掲載中です!

ピーチローズの配合成分セラミドってどんな成分?

薬用ヒップケアジェルのピーチローズには、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなど、美容に有効な成分がたくさん入っています。さらに、セラミド、エラスチン、天然ビタミンE、トレハロース、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントインといった6種類の美容整肌成分が含まれているので、保湿や肌のバリア機能もばっちり!
この美容整肌成分のなかで、特に注目したいのが「セラミド」です。セラミドが配合されている化粧水やクリームはいろいろありますが、そもそもセラミドがどんな成分なのかよく知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで、ピーチローズにも配合されているセラミドについてご紹介したいと思います。

■セラミドってどんな成分?
セラミドとは、大雑把に言うと保湿成分です。元々肌の表皮の一番上にある角質層に含まれている成分で、肌の潤いを保つ役割を担っている「細胞間脂質」の一つであり、細胞間脂質の主な成分となっているのがセラミドです。角質層は、角質細胞というものが何重にも重なって層になっています。この層の間に含まれ、水分を間にはさんで逃がさないようにしているのがセラミドというと分かりやすいかもしれません。

しかし、加齢や環境の変化などによってセラミドが生成される量はどんどん減っていってしまいます。セラミドが減ることによって肌が乾燥したり、シワ・たるみなど肌の老化につながっていったりしてしまいます。ですから、化粧水や美容液、クリームなどでセラミドを肌に与えて保湿力を上げてあげる必要があるんですね。

■セラミドの保湿力はどれくらい?
セラミドは、さまざまな美容成分よりもはるかに優れた保湿力を持っています。セラミドが配合された化粧水やクリームなどを肌に塗った場合、保湿効果は2~24時間ほど維持されるともいわれているほど。しかも、角質層までしっかり届くので、肌の内側から保湿することができます。頑固な乾燥肌の人でも、セラミドが配合されているスキンケア用品を使えばしっとり、モチモチとした肌になるのも夢ではありません!

■アトピー肌にも効果的!?医師も注目するセラミド
実は、アトピー性皮膚炎の人は、元々角質層に含まれているセラミドの量が少ないのだそうです。そのため、肌が本来持っているはずのバリア機能も低く、外からのちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。だから、肌のバリア機能をアップさせるためにもセラミドを補てんしてあげる必要があるのです。
セラミドは元々人が持っている成分なので、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人でも安心できる保湿成分。アトピー性皮膚炎について研究している医師も注目している成分で、実際に病院で処方される保湿剤にもセラミドが含まれているものがあるんですよ。ドラッグストアなどで販売されている医薬部外品の保湿商品にも、セラミドが配合されているものが多いと思います。ぜひ、成分表示をチェックしてみてください!

セラミドが高い保湿力をもった成分だということは分かりましたか?肌が水分をキープできていないと、ニキビができやすくなったり、肌のターンオーバーがきちんと行われなくなったりしてしまいます。ですから、セラミドが配合されているスキンケア用品で、角質層までしっかりと保湿をしてあげる必要があるんですね。
おしりのニキビや黒ずみ、シミをケアするためにも、肌にしっかりと水分を補給してあげなければいけません。ピーチローズが、さまざまな肌トラブルからおしりを守り、きれいな肌へと整えていってくれるのも、セラミドが配合されているから。おしりのザラザラやかさつきが気になっている人にとって、ピーチローズは救世主のようなジェルのはずですよ!

 - ピーチローズ