おしりニキビの原因は?治し方を教えて!~おしりニキビ.コム

おしりニキビの原因~治し方まで詳しくまとめました。おしりニキビ関連の商品も掲載中です!

ピーチローズは粉瘤にも効く?ニキビと粉瘤の見分け方は?

公開日:2016/11/21

ホルモンバランスの乱れや外部からの刺激などによって突然肌に現れるニキビは、いくつになっても悩みの種ですよね。うっかりつぶしてしまうとニキビ跡が残ってしまうおそれもありますし、何よりニキビができている状態はとてもストレスを感じてしまいます。
ニキビとよく似たできもので、粉瘤というものもあります。見分けるのが難しいのでニキビだと思っている人も多いかもしれませんが、いつもできるニキビと比べてなかなか治らない!と思ったら粉瘤を疑ってもいいかもしれません。ピーチローズはニキビケアに効くと評判ですが、粉瘤には効果があるのでしょうか?

■粉瘤って何?
粉瘤とは、皮膚の内側に嚢胞という袋ができてしまい、その中に古い角質や垢などの老廃物が溜まってしまう両性の腫瘍です。粉瘤腫やアテローマと呼ばれることもあり、粉瘤ができると皮膚の表面がボコッと盛り上がってきて、炎症を起こしてしまうと赤く腫れたり、痛みを感じたりすることもあります。老廃物が溜まっているため、イヤなニオイを感じることもあるそうです。
粉瘤は体のどの部分にもできる可能性があり、特におしりは圧がかかりやすく外部からの刺激を受けやすい部分なので粉瘤ができやすいと言われています。ただ、粉瘤ができる原因は今のところ解明されていません。傷跡やニキビ跡にできることがある、タバコによる免疫力の低下が関係しているなどさまざまな可能性が考えられていますが、はっきりとした原因は分からないのが現状です。

■粉瘤とニキビの見分け方は?
症状が似ているためニキビとの見分けが難しい粉瘤ですが、見分けるポイントはいくつかあります。粉瘤には、開口部となる穴が開いていることが多いと言われています。開口部は老廃物などによってふさがっていることが多いのですが、ボコッと腫れたできものの真ん中に黒っぽい点があるようなら粉瘤を疑ってください。真ん中に白い芯があればニキビ、黒い点があれば粉瘤です。また、ニキビは自然と小さくなっていきますが、粉瘤はどんどん老廃物が溜まっていくので大きくなっていきます。腫瘍が大きくなるスピードには個人差がありますが、ニキビケア用品を使っても一向に治らないと思ったらニキビではなく粉瘤ができていることが考えられます。それから、しこりからイヤなニオイがする、指でつまめるなども粉瘤の特徴ですので、ニキビと見分けるための参考にしてください。

■ピーチローズは粉瘤に効くの?
残念ながら粉瘤はセルフケアでは治すことはできません。原因が分からないので、粉瘤に有効な成分なども分からないのでしょう。どんなに小さな粉瘤でも、手術をしないと取り除くことができないのです。悪化してしまうと化膿して痛みを感じることもありますし、膿を持った粉瘤が破裂して腹膜炎やリンパ管炎などを引き起こしてしまうこともあります。粉瘤は、ニキビだと思い込んで放っておくとこわいのです。
粉瘤はニキビとは原因が違うので、どんなにニキビケアには定評のあるピーチローズでも、セルフケアができない粉瘤を治すことはできません。粉瘤とニキビを見分けられずに、ずっとピーチローズを塗り続けていても意味がありませんので、「もしかした粉瘤かな?」と思ったらすぐに皮膚科にいくことをおすすめします。粉瘤は小さいうちに手術しておけば、傷跡も小さくて済みますよ。

保湿成分がたっぷり配合されたピーチローズは、ニキビケアにはぴったりですが粉瘤の治療まではできません。ただし、粉瘤はニキビ跡にできるという話もよく聞かれますので、ピーチローズでニキビ予防をしておけば、粉瘤ができる可能性も低くなると思います。粉瘤はできてしまうと厄介ですから、できるだけ粉瘤ができる可能性を排除しておきたいですね。

 - ピーチローズ